トップページ | 【卵と私】新大阪店 ★1.5残念・・・ »

@長崎 精霊流し

ものぐさ女なもんで、mixiの日記も三年以上まともには更新してません。

が!

思い立ったが吉日、さっそく旅日記といってみましょうかね・・・。
まずは、直近のネタで、長崎の「精霊流し」。

さだまさしの歌や小説でご存知の方もいるかと思います。わたしも小説を読んで興味を持ったクチです。

初盆を迎えた御霊さまを、船に乗せてあちら側へ送り出し供養するといった、お盆の行事で毎年8月15日に行われています。
家ごとに船を造る場合もあるし、「もあい船」といって、町内会や会社単位で造る場合もあるそう。

船の大きさも千差万別で、大型トラック位の長さがあるものあれば、一人で抱え切れるサイズも。この船を縁者達が運んで、流し場(昔は本当に流していたみたいですが、今は海洋汚染になるので流しません)へ。

船を先導する鐘が「チャンコン、チャンコン」と鳴り、船を曳いている者たちが「ドーイ、ドイ」という掛け声を掛けて進みます。
この掛け声は、「南無阿弥陀仏」が訛ったものだと聞きましたが、
原型とどめてないやん!!!!
奥深いですね・・・

「しょうろうながし」という、風流な響きとは裏腹に・・・
非っっっっっっっ常に!!!バイオレントなものでございました
(〃゚д゚;A A゚Å゚;)ゝ ゚+:.

日本中の爆竹持ってきたんじゃないだろうかという、とんでもない量の爆竹がこの一夜で鳴らされます。なんせ、賑やかにすればするほど、御霊様は浮かばれるのだとか。

どれくらいすごいかというと・・・

毎年見物に来ていて鼓膜破っちまう観光客がいるとかsweat01私たちはもちろん、100均で買った耳栓装備しましたよ( ̄ー+ ̄)

本来ならば地元の人しか、精霊船曳きには参加できないんでしょうが、初盆を迎えた家族がいる私たちは、ガイドツアーの「さるく」に申し込み、特別に!ある町内会に便乗させて頂き、爆竹をブッ放しながら長崎のまちを練り歩いてきましたsign03

爆竹なんて触ったの、子供の時以来でカナリ怖かった・・・。長崎っ子たちはヘーキな顔して手に持ったままだとか、頭上に放り投げたりとか、しまいには箱ごと、いやケースごと火ぃ付けちゃってましたwwwwwwまるでテロ現場のような様相でしたthunder

Photo_2

温厚な人が多いと思ってた長崎人ですが、この日を境に明らかに私の中での長崎県民の印象は変わりましたsweat02

そして、最期の船着き場のシュールさと言ったら・・・。

Oohato

そうそう、帰りにさだまさしの船とすれ違いました。
サスガ、大きな船で、きれいなお姉さん達が花火を持ちながら曳いている様は、思わず見とれてしまいましたheart

帰りに撮った道路の惨状www

Jimen

汚すぎ(*゚▽゚)ノ

もちろんぜーんぶ爆竹の燃えカスheart
しかし不思議と翌朝になったら何事もなかったかのようにキレイにdash

あの一夜は何だったんだろう・・・・と思わせる出来事でした。

しかし、疲れまくったし怖かったけど、とっても興味深い、良い経験をさせてもらったと思います。

感謝のきもちで一杯ですm(_ _)m
今まで以上に長崎がすきになりましたheart

来月また行きます airplane

|

トップページ | 【卵と私】新大阪店 ★1.5残念・・・ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1404215/36307113

この記事へのトラックバック一覧です: @長崎 精霊流し:

トップページ | 【卵と私】新大阪店 ★1.5残念・・・ »