« 【酒肴 BAR 花ござ】★4 静かな日に再訪してみたいです | トップページ | またながさきにいってきた (2) »

またながさきにいってきた(1)

先週の精霊流しのショックもさめ切らぬままに、また行ってきましたsweat02
前回ほとんど観光できなかったから、その埋め合わせでmyダーリンをお誘いしてhappy01
あっ彼は夜勤明けで合流し、私だけ前日からいたんですよ容赦ないこの仕打ちひどいでしょうheart04

仕事帰りの最終便で到着し、一泊目は食べただけで終わってしまったので、2日目は朝からお寺めぐりup
まずは、崇福寺。中国っぽい、奈良とはまったく違う雰囲気のお寺です。
ちょうど、盂蘭盆会の時期とあって、境内はお祭りムードでいっぱい!!

Photo
ランタンフェシティバルのときと似てるheart01

Photo_2
この門は「第一峰門」といい、1696年ごろ建てられたそうです。国宝です。

もう一つ、本殿である「大雄宝殿」。こちらは1646年に建立されたもので、長崎で最古の建築物だそうです。
こちらも国宝に指定されています。

Daiyuhoden
いつも奈良や京都で見ているお寺とぜんっぜん違います・・・coldsweats01

その次は歩いて映画「解夏」のロケでも使われたという幣振坂へ。
Saka

画面左側、 晧臺寺(こうたいじ)の墓地には、先日大河ドラマ「龍馬伝」でも切腹した、近藤長次郎のお墓があると聞いていましたが、大きくて迷路みたいな墓地&暑くてギブしましたweep

その次は、日本で最初の黄檗宗の禅寺「興福寺」へ。奈良にある阿修羅像のお寺と全く同じ字を書きます。崇福寺と同じく、中国の影響の強い「唐寺」で、門の色から地元では「あか寺」と呼ばれているようです。

Mon

こちらも「解夏」に登場し、特に「興福寺の白いサルスベリ」が印象深かったんですが、ギリギリセーフで何とか見ることができましたlovely
Sarusuberi

もちろん、境内はとても静かで、しばし本堂を眺めながらベンチで休憩していました。
ソテツが植わっていてどことなく南国ムードのあるお寺でした。

Hondo

「いんげん豆」で知られる隠元禅師は、このお寺の住職を務めていたこともあるそうですが、来日の際にいんげん豆を始め、レンコン、スイカ、もやしなど今の日本の食卓に欠かせない野菜を持ってきて下さったそうです。

お寺巡りを終えたところで、長崎歴史文化博物館に向かい、ランチ&見学をしましたが、長くなるので、続きは次回に
happy01

|

« 【酒肴 BAR 花ござ】★4 静かな日に再訪してみたいです | トップページ | またながさきにいってきた (2) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1404215/36553509

この記事へのトラックバック一覧です: またながさきにいってきた(1):

« 【酒肴 BAR 花ござ】★4 静かな日に再訪してみたいです | トップページ | またながさきにいってきた (2) »