グルメ・クッキング

うめぼし

今夏、ふと思いたって取ってみた「フードアナリスト」の資格。
4級なんで、一日講座を受けて、簡単なテストを受けるだけで
楽勝で取れる資格ですわdash

だから何ができるという程の資格でもありませんが、
試験に合格し、フードアナリスト協会に登録すると
「フードアナリスト」と名乗ることが許され、いくつかオシゴトを
紹介していただけるのですhappy01

オシゴトと言っても、ほんの小遣い程度ですが、チョコチョコと
記事を書き、お金がもらえるのはやはり嬉しいモンですheart04

今回は、最近担当したサイトの特集記事のご紹介。
ご当地グルメを紹介する「47CLUB」というサイトがあるんですが、
そちらの「ご当地手土産特集」の和歌山県のページを
担当させていただいております。

こんな感じで記事を書いとりますscissors
てか、いつの写真やねんwwwwwsweat01
             

Top

Photo

こんな美味しいオシゴトならいくつでもwelcomeですheart01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あるくん奈良 まちなかバル

今さらですが、去る10/16、奈良市内の飲食店で「まちなかバル」と
いうおいしいイベントがありましたheart02

これは、5枚で3,000円(当日は3,500円)のチケットを購入し、
市内約70件のレストランでチケット一枚につきワンドリンク+
おつまみが楽しめるといった食べ歩きイベントです。

Photo
奈良らしく大仏がhappy01

ご一緒頂いたのは、奈良B食倶楽部の会長さまと、
九州からおいでなすったお嬢、途中参加のマイダーリンです。

まず、一軒目は前々から気になっていた「Coctura」。
南欧創作料理のお店で、大和牛や大和肉鶏、
地元のお野菜など、ローカル食材を使ったお料理が評判ですup

バルチケットで頂いたのは、
「大和高原有精卵の自家製スモークとグラスワイン」。

Photo_2
とってもキレイな一皿lovely

Photo_3
ワインも美味しく頂きましたよ~heart04

これだけでは物足りないので、ペペロンチーノを追加でオーダー。

Photo_4

カウンターのみの小ぢんまりしたお店ですが、
丁寧に作られたお料理が印象的な良いお店でしたscissors
南欧創作料理 Coctura (奈良/イタリアン創作) -- グルメウォーカー

二軒めは、Cocturaから東へ3分ほど歩いたところにある
「酒楽(しゃらく)」。
一人ではなかなか入るのに勇気がいりそうな店構えですsweat01

こちらでのバルメニューは「グラスビール+大和牛のスジコン煮」。
ソフトドリンクは一切置いておらず、お連れ様たちはお冷で
ガマンして頂きましたweep

せっかくなので、いくつか追加オーダー。

Photo_5
大和牛ユッケ。
その辺の焼肉屋で食べるものより美味しいheart02
厚く切られたお肉が◎smile

Photo_6
これは、大和肉鶏のタタキ。
新鮮なので、焼いてしまうと勿体ないそうです。

このお店、ド渋の居酒屋さんですが、ランチの営業もしていて、
丼ものが何種類かあるみたいですgood
ならまち観光の際には、カフェばかりでなく、こんなお店で
ランチも良いかも。

酒楽 [ 居酒屋 ] - Yahoo!グルメ

最後はお待ちかねの「ふりぽんぬ。
オキナワン・フレンチという、一風変わったお料理の楽しいお店です。

Photo_7

バルメニューは、海ぶどうやゴーヤピクルスなど、
沖縄っぽさ満点のサラダ。
ドリンクは快くソフトドリンクに替えて頂きましたup

Photo_9

そして、カウンターには美味しそうなメニューがずらりcatface
300~600円とお手頃で、ほとんど全部大人買いしましたよ~

Photo_8

Photo_10
白いのは沖縄のキノコ、マコモダケ。エリンギに似てるかなぁ。

Photo_11
これは言わずと知れた、ミミガーです。

Photo_12
キッシュ。

Photo_13
これは確かワカサギのマリネ。

食材が珍しいものばかりで、一皿一皿、見た目にも楽しいお料理でしたhappy01
お手軽メニューですが、丁寧に作られた、キレイなものばかりshine
ミミガーもこのお店でなら何となくオシャレに見えてしまいますwww

ふりぽんぬ (奈良駅/フレンチ創作) -- グルメウォーカー

わたし、ちょっとづつ、いろんなものが食べたい人間なので、
今回のようにお手軽にチョコチョコつまめる企画はとても
ありがたいですshine
特にふりぽんぬは、普段はコース料理のみのお店なので、
なかなかちょい寄りには使えないので、オトク感たっぷりでしたlovely
「うまいもの無し」と言われてしまう奈良ですが、そんなことないよ~と
いうことをアピールするためにも、ぜひまたやってほしいイベントでしたheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【雨宮製麺所】 ★3.5 文句なしに美味しかったパスタ

前々から気になっていたお店。念願の初訪問ですo(*^▽^*)o

奈良女子大のすぐ近く、すっごく庶民的というか、お手軽な雰囲気のお店です。
外から見るよりも、奥に広いお店で、割とゆったりとテーブルの間隔が
取られていて、荷物置きもあって、快適な店内でした。

2名で行ったんですが、お連れがあんまり空腹でないとの事だったので、
パスタ大盛り一皿をシェアして、アラカルトを何品か頼もっかな~っと企んでいました。
が、「パスタ屋なので、人数分パスタ食べてください」と言われ・・・
ちょっと気を損ねながらも二皿オーダー。

絶対食べてみたいと思っていた鰹節パスタと、ベーコン&トマトのシンプルなものにしてみました。
お値段は、どちらも\850。

Pasta 

鰹節のほうは、見た目も本っ当にシンプルで、ちょっと焼きそばみたい。
薄ーい鰹節がヒラヒラと踊っていて、食欲をそそります(≧m≦)
ピリ辛醤油ベースのソースに、ちょっとラーメンっぽい、
細めのパスタが良く合います。
鰹節の中には、半熟卵も隠れていましたよ( ´艸`)プププ

もう一皿のトマトのほうも、味見しましたが、分厚いベーコン、しっかりとした
トマト味に平たい麺が良く合っていました。
味はしっかりしているのに、全然脂っこくなく、むしろサッパリ頂けました☆

Pasta2_2
おナカが空いていなかったはずのお連れも、ペロリと平らげましたよ(v^ー゜)
イタリア版しめサバとか、室生のラディッシュとか、気になるサイドも
たくさんあったので、また行ってみようと思います♪

関連ランキング:イタリアン | 近鉄奈良駅奈良駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【豆仙坊 奈良三条店】 ★2 観光には便利な立地 

三条通の興福寺近く、以前和菓子の「源 吉兆庵」があったところにあります。
以前電話で問い合わせをした時の印象が良かったので、ランチに利用してみました。

Photo

あまり時間が無かったため、来店10分前に電話をし、注文も済ませておきました。
コースは\1,200~とリーズナブルで、\1,200の物が二種類あるとのこと。
違いは煮物が付くか、湯葉の卵とじが付くかの違いだそう。
せっかくお豆腐屋さんなので、湯葉のほうをチョイスしました(*^-^)

店内はテーブル席のみで、1・2F合わせて50席程あるみたいです。
先客は3組あって、1Fの一番入口に近い席に案内されました。

Photo_2

残念ながら、ホールスタッフが一人しかおらず、バタバタでした(-ε-)
おしぼりやお茶が出るのが遅く、お料理も注文してあったにも関わらず、
普通に10分以上は待ちました・・・(;´д`)トホホ…
「時間無いので」と前置きして注文したのに・・・

気を取り直して食べることに☆

Photo_3
お膳に山菜ごはん、小鉢、手作り豆腐、にゅう麺、コーンスープ、
あとは湯葉の卵とじ。自分でとき卵を入れて煮ます♪

お豆腐は卓上にある三種類の塩(梅塩、海の塩、岩塩)をお好みで。
ちなみに、お醤油は用意されていませんでした。
お味は、お豆腐屋さんとしては、ハッキリ言って残念なもの。
確かに悪い意味での手作り感はありましたが、作りたてでもなさそうだし、
風味も特に感じられず・・・。
お醤油&薬味でごまかして食べたかった、そんなレベル。

また、卵とじも、湯葉は2~3切れしか入っておらず、「どこ!?」という感じ。
味付けもやたら辛く、取り分ける器も無い。
仕方なく卵を溶いた器で食べました(ノ_-。)

Photo_4

一番おいしかったのは小鉢に入っていた蕪と柴漬けの和えもの。
これだけはお替りしたいくらいでした(*´Д`*)

これで\1,200はランチとしてはCP悪いなぁ・・・というものでした。
観光客が通りすがりで入るお店。わざわざ行くほどでは無いと思います。

関連ランキング:豆腐料理・湯葉料理 | 近鉄奈良駅奈良駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

憧れのLe BENKEIでボルドーワインとランチ(*^-^)

皇室の方や各国のVIPや著名人が訪れるという、大和郡山の
グランメゾン、Le BENKEI。

前々から行ってみたいと思いつつ、なかなか機会が
ありませんでしたが、城下町のぶらり歩きがてら、ランチを
頂いてきましたshine

近鉄の郡山駅から徒歩圏と聞いたので、タクシーは使わず、
ぶらぶら歩いて行きました。
郡山城址を見ながらの道のりは、さほど距離を感じさせず、
楽しいものでしたよsun
また、大きな看板が出ていたので迷うこともありませんでした。

Photo

お店の外観は、ヨーロッパの邸宅風で落ち着いた雰囲気heart01
玄関前には、超高級車のロールスロイスがshine

Photo_2

予約をしてあったので、玄関でお店の方がお迎えして下さり、
特別扱いしていただいている、そんなおもてなしを感じました。

サスガです。

ホールには豪華なお花&とってもキレイなランプなどが並んでおり、
目を楽しませて頂きました。

Photo_3

薬師寺の国宝の東塔のミニチュアかわいかったです!

Photo_4

待合室では、唐招提寺のうちわまきのハートうちわを見つけて、
奈良が世界に誇るべき文化を大切にされてるんだなぁ、と
感じましたhappy01

Photo_5

お食事を頂いたのは、中庭の見える明るいスペースで、
和服姿の方など、上品な雰囲気の方々が和やかに
ランチを楽しまれていました。
また、テーブルにさりげなく生けてあったお花は、私の
大好きなデンファレで、テンション上がりましたup

Photo_6

今回オーダーしたのは、グラスのボルドーワイン(\1,386)と、
一番量が控えめのランチメニュー(\4,043)です。

ワインは、2006年のCHATEAU HAUT MOULEYRES。
カベルネ・ソーヴィニヨン、フラン、メルローの三種の品種の
ブレンドとのこと。

Photo_7

エチケット(ラベル)もお店のオリジナルのきれいなものwine

Photo_8

赤ワインは普段あまり飲まないんですが、とても柔らかい風味で
飲みやすかったです!
特に赤独特の渋味や、少しぬるめなところも、苦手でしたが、
このワインは渋味は全然感じられず、適度に冷えてもいたので
とても飲みやすく、普段食わず嫌いをしてたんだぁ、と少し後悔
するほどでしたsweat01

Photo_9

お料理は、オードブル、スープ、メイン、デザート、コーヒーか
紅茶と言った内容です。

まず、オードブルはスモークサーモンとお野菜のテリーヌ、サラダ、
生ハムメロン、車海老の冷製。

テリーヌにはマスタードソースをお好みで、とのこと。
サラダは自家農園のお野菜で、上には蕪と柿のマリネが。
柿は和食でしか見たことがありませんでしたが、意外にも
ヨーロッパでよく使われるようで、イタリア語でも、そのまんま
「カキ」と呼ぶらしいです。
また、フランスでも、カニや海老といった魚介類と一緒に使うそうです。

また、ハムも自家製とのことで、安心して頂けます。
一口食べてから撮った写真で汚くてゴメンなさいwobbly

Photo_10

スープは海老とトマトのビスクで、濃厚な海老の風味ながらも、
全く生臭さはなく、くどくもありません。
自分でもこんなおいしく作れたらな~dash
海老は大好きだけど、どうも生臭くなりがちなんですよね・・・despair

Photo_11

パンはフランスから輸入した小麦を使い、ランチ・ディナーに合わせて
焼き上げられたものだそう。
外側はパリっと香ばしく、中はもっちり柔らかでした。

Photo_12

メインはお魚を選ぶ時が多いですが、今回は赤ワインを頂いたので、
珍しくお肉をチョイス。写真が上手く撮れてなくて、載せられず残念。
この日は山形牛のフィレステーキで、ソースはマスタード風味。
これも香ばしくジューシーで、ワインに良く合います。

付け合わせにはサクラダケ、ホウキダケと言う珍しいキノコがあり、
初めていただきましたが、マイタケに似た食感や、シャリシャリした
歯ごたえを楽しみました。

もう一つ、ポテトとミルク、チーズでできたグラタン風のものが
ついていました。
フランスの家庭料理らしく、学食にも用意されているポピュラーな
ものだそうです。意外とあっさり風味で、お肉と一緒でもくどくなりません。

デザートはフランボワーズのアイス、アールグレイ風味のブリュレ、
フルーツ。
アイスは程よい酸味、ブリュレはアールグレイの苦みが効いて甘さ控えめ。
お肉のアフターには嬉しいさっぱり目のデザートタイムでした。

Photo_13

最後にコーヒー、紅茶、エスプレッソからチョイス出来るとのこと。
エスプレッソを頂き、程よい苦みと香りを楽しみました。
めったにコーヒー類は飲まないけど、おいしかったぁlovely

Photo_14

食後にフロアを少し見学&blog用に写真撮影させて頂きましたが、
非常に快く引き受けていただけました。

Photo_15
ワインセラーや、

Photo_16
ピアノ&らせん階段もheart02

Photo_17
皇族始め 著名人の方々の来店記念のお写真など、ギャラリーになっています。

また、奈良ならでは?こんなカワイイものも販売されていましたhappy01

Photo_18
金魚鉢型のキャンドル&ガラスの鹿さんですlovely
奈良と言えば【鹿】だし、郡山は金魚の一大産地なので、
こんなところにもローカル色がup

そして、お会計をしていただくカウンターには控えめに
“INFORMATION”とありました。
決して“CASHIER”としないところが粋ですね。

帰りはカフェの前を通って、ベーカリーをちょっと覗いたりしてきましたhappy02
お食事はなかなかいつもは来られませんが、カフェなら気軽に楽しめますね!

Photo_19

Photo_20
帰りに寄るところがなければ、ケーキ買って帰りたかったなぁcrying

ホント、贅沢なお休みの昼下がりでしたshine
時間がゆっくり流れてる感じ。

また、前述のいくつかのお料理に関するエピソードは、
お食事の合間にスタッフの方が聞かせて下さったもので、
お蔭様で一人での訪問でも持て余すことなく、楽しむことができました。
こういった細やかな心配り、すごく心地よいです。
次はぜひ、大切な人と大事なときに訪れたい、そんなステキなお店でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【甲賀流 竜王店】 ★3 こんなところで見つけるとは!

むかーし、ミナミに行くたびに三角公園でハフハフしながら食べていたのを
思い出しました(^-^;

たこ焼きにマヨネーズがかかってるのも、このお店で初めて知ったかもしれない(゚▽゚*)

平日だったので、殆ど待たずに買うことができましたが、作り置きでなく、
ちゃんと鉄板からのアツアツをもらえて良かったです。

ねぎポン10個入りを買いましたが、うっかりマヨネーズかけちゃいました(||li`ω゚∞)
ポン酢とマヨネーズはあまり合いそうにないのですが・・・。

でも食べてみたら意外とイケました!!

外側が「銀たこ」みたいにカリカリしすぎてるたこ焼きは、好きでないのですが、
ここのは適度な固さで、柔らかすぎて崩壊することも無く丁度良かったです★

Tako
ネギも「これでもか!」ってくらい沢山のってて、満足です♪

関連ランキング:たこ焼き | 近江八幡

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【らんちょす 三井アウトレットパーク滋賀竜王店】 ★3 和スイーツがいろいろ

アウトレットでのお買い物の合間に寄ったお店。
抹茶系のものが食べたくてチョイスしました( ̄ー+ ̄)

メニューを見て思ったんですが、結構いいお値段ですΣ(;・∀・)
あんみつやケーキなど、ドリンクとセットで850円。
観光地と言う場所柄仕方ないですね・・・。

気を取り直して、「本日のケーキ」をオーダー。
抹茶シフォンケーキにクリームとあんこ、抹茶わらび餅がトッピングされていて、
500円するなりのボリュームはありました。

Macha

店内は内装・音楽共にシックな雰囲気。
ファミーリーよりは、カップルや女性グループをターゲットにしている印象。
ただし、プロジェクターでは「ファインディング・ニモ」が流れていました(ノ_-。)

関連ランキング:洋食 | 近江八幡

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Sel D'or (セル ドール)】 ★4.5 家庭的なお店

クチコミでの評価がとても良かったので、誕生日に予約してもらいました(≧∇≦)

高の原駅から車で数分の住宅街にあり、お店の前に駐車場も完備されていました。
店内は明るく、小ぢんまりとしており、どちらかというと高級感はあまりありません。
家庭的な雰囲気でした。

9

Dscn0555

ディナーコースは3種あり、真ん中のものをオーダー。
アミューズ2品に前菜を2種、メインに肉or魚、お口直しのグラニテ、パン、デザート、
焼き菓子、コーヒーorお茶という内容で、\5,600です。

アミューズの一品目は、甘エビのマリネ。

Dscn0542

ふた品目はカボチャのポタージュでした。

Dscn0543

前菜は、二品選べるとのことで、オマール海老の何だっけ・・・
忘れました(;´д`)トホホ…
もうひとつは、サーモンのタルタルとマツタケのジュレをチョイスしました。

Dscn0547

Salmondscn0544
松茸のだしが効いたジュレ、意外でしたが、とっても味わい深く、
それでいてしつこくなくて 、すごくおいしかったですo(*^▽^*)o

ちなみに、同行のお連れは、アワビとエスカルゴをチョイスしていました。

Awabidscn0545

Dscn0546

グラニテはヨーグルト味のさっぱりしたものでした。

Dscn0550

メインは、お魚のパイ包みをオーダーしました。
パイの中身は舌平目と連子鯛。上には手長エビが(゚m゚*)

Maindscn0551
見た目もゴージャスでした !

お連れは、子羊をオーダーでしていました。

Dscn0552

そして、デザートの前に「小さなデザート」として、クレームブリュレ。

Dscn0554

デザートは4種から選べ、私は巨峰のレアチーズケーキ、お連れは
チョコケーキにしました。

Dscn0559

Chikodscn0558

そして、ハーブティを飲みながら、お茶菓子を頂いてごちそうさま。

Tyagasidscn0560

ちなみに、車だったのでワインを飲んでいませんが、
ノンアルコールのシャンパン風の物を二人で一本オーダーしました。

Sodadscn0548
「アポロスター シャンセーヌ」と言い、ボトルもグラスに注いだ感じも
シャンパンにそっくりなので、雰囲気を壊さないし、アルコールがダメな方にも
オススメだと思いました。
ちなみに一本1,500円と良心的なお値段でした。

パンだけが若干残念でしたが、他はくどくなく、見た目もキレイで美味しかったです。

サービスは洗練されてはおらず、着席時に椅子を引いてくれたりと
いうのも有りませんが、カジュアルなレストランだと割り切れば気になりません。
サーブのタイミングもちょうど良かったです。

このお値段で、アワビや松茸、オマール海老などの高級食材を追加料金なしで
チョイスできるのがとってもCP良いと思いました。

また行ってみたいと思います(o^-^o)

関連ランキング:フレンチ | 高の原駅山田川駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【白野】★ 4 キレイでお手頃なお弁当

誕生日のお昼間に、ひとりでごほうびランチしてきました(*^m^)
生駒駅前の『はざま』と迷いましたが、もと「文助」の方がされてるとあり、
食べログでの評判も良かったのでこちらにしました。
ちなみに、「文助」へは行く機会がありませんでしたが、
大変評判が良かったようで、閉店後も、お客様から尋ねられた事があります。

Photo_12
落ち着いた外観で、店先にランチメニューが書かれていました。

Photo_13
カウンター席と、お部屋があるようでしたが、一人なのでカウンターへ。

あまりおなかが空いていなかったこともあり、
一番安い1300円のカゴ弁当をオーダー。
出てくるまでは少し(10分位?)待ちましたが、とってもキレイなお料理で、
待つ甲斐あります!

Bento1
Bento2
二段になった、とっても可愛くてキレイなお弁当(*^-^)
小さいおかずがいくつも。どれから食べようか迷っちゃいます。
天ぷらはサクサクで、出し巻きもフワフワだったし、見た目だけでなく
味も良かったです!!

デザートは、黒ゴマのババロアでした。

Bessert

控えめな量なので、年配の方に紹介するのに最適だと思いました。
また、お店の方も親切でした。
素晴らしいCPだと思いました。

関連ランキング:懐石・会席料理 | 菜畑駅東生駒駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【花垣】 ★4 食材・器へのこだわりがスゴイお店でした

評判が良さそうだったので、会社の人たちとの会食(6名)にて利用しました。
場所は学園前の駅から頑張れば歩けそうな、高級住宅街のなかで、
周りは大きな邸宅ばかりでした。

ナビを頼りに行きましたが、夜だと迷ってしまうかも。
ちなみに、駐車場はが空いておらず、お店の前の路上スペースに置いたため、
少し出しにくそうでした。

人数が多かったので、畳にイス・テーブルをセットしたお部屋へのご案内でした。

Photo_2
正座だと足がしびれるので、とても楽でしたヽ(´▽`)/
外国の方やご年配の方にも良さげですね。

お料理は、ゴチだったので、とりあえず一番安いもの(\11,000)をお願いしてありました。
リクエストで鱧をお伝えしてあったので、そのとおりにしてくださって満足でした。

Photo_3
前菜は、アワビと蛸の酢味噌和え。穂紫蘇がキレイでした。
もう一つは、名残の丸ナス。
鰹節は、目の前で削ってかけてもらいました。
ピンク色をした鰹節、とても良い香りでした★

Photo_4
お吸いものは、リクエスト通りの鱧と国産のマツタケ。
何とキロ14万円!のものだそう。さすが、素晴らしい香りを楽しみました。
京都の塗りもののお椀は、一つづつ蓋の花の絵が異なり、楽しかったです。

Photo_5
お造りはヒラメとイカ。
ヒラメは明石で揚がったものと仰ってたと思います。
イカも甘くて柔らかかったです。

Photo_6
焼魚は、ふっこ(スズキに出世する前のもの)。
確かお皿は幕末のものとか・・・龍馬の時代か!!
たで酢が、程良い苦味を演出していました。

Photo_7
そして、尾崎牛のイチボを焼いたもの。
尾崎牛は、「幻の」と形容されるほどレアで、関西では
ここと北新地に一軒のみの取扱いとのこと。
50日も熟成させたとあり、非常に濃厚な味&とろけるような舌触りでした。
個人的には、宮崎の焼肉屋さんで食べたユッケの方が好きでしたが(^-^;

Photo_8
そして、鱧をもう一品。
ごく軽く外側を炙ったものに、ウニが載っています。
お塩とワサビで頂く、あっさりとしたものでした。

Photo_9
お食事は、松前で揚がったマグロの握り。on赤膚焼の器。
濃厚でとろけるような舌触りでした(◎´∀`)ノ
ほんのりユズの香りのにゅう麺も付いてきました。

Photo_10

最後のデザートは意外と!?洋風なココナッツアイス×ネオマスカット。

Photo_11
ココナッツの果肉の歯触りが楽しかった★

とってもあっさり目のお料理が多かったので、年配者に好まれそう。
また、産地や器に大変なこだわりを持たれているようなので、接待や顔合わせなどの
「ここぞ」食事にお勧めできるお店だと思いました。

関連ランキング:懐石・会席料理 | 学園前駅菖蒲池駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)