旅行・地域

黒島へ

とうとう旅行の最終日。

黒島へ初めて行ってみることに。
石垣周辺のメジャーな離島でここだけ行ってなかったsweat01
ハート形をした牛の島。人口の10倍牛がいます。
ちなみに、野生化したクジャクも。

船の便が少ない為、滞在時間たったの2時間の駆け足sweat01
行きの船、3名しか乗ってませんでしたcoldsweats01

Photo_13
海の色がキレイすぎるshine

Photo_14
港すぐのお店でチャリンコを借り、伊古桟橋へ。
崩れてるので、決してチャリで乗り入れないようにsign03
もう使われていない、シュールな桟橋のハイーキョです。

Photo_15
シュノーケリングに人気のスポット、仲本海岸。
確かに魚がいっぱいいそうなゴツゴツしたかんじの浜fish

Photo_20
これは「プズマリ」と言って、琉球王国時代の遠見台。
島で一番高い場所だそうですが、崩れまくりで登れませんcrying

Photo_16
集落はこんなかんじ。
超のどかですspa商店は島に一軒しかありませんhappy01

Photo_17
「日本の道百選」に選ばれた東筋(あがりすじ)。
草原をただひたすらまっすぐに進みます。

Photo_19
集落から10分程走ったところに突如出現する怪しいたてものcoldsweats01
正体は展望台。

Photo_18
みち、草、海、牛、空・・・位しかみえませんcoldsweats01
まぁ、簡単に登れるので話しのタネに行ってみてくださいgood

時間が怪しくなってきたので、チャリンコを漕ぎまくり、
くっつき虫に襲われながらも何とか港にたどり着く。

Photo_21
港。海、きれーshine

石垣に戻りフサキでランチheart01

Photo_22
一度行ってみたかったフサキリゾートですが、いまいちgawk
詳細は食べログで。

お口直しに「ミルミル」にてジェラートをheart04

Photo_23
この、ジェラートがうまーsign03
ハーフ&ハーフOKとのことで、まず塩黒糖×パッションフルーツheart01
食べ足りず、マンゴー×グアバもlovely
どれも濃厚なお味で、フルーツ系はとってもジューシーsign03
しかも・・・

Photo_24
眺めも最高によしheart01heart01
マジおススメです。フサキからすぐの高台登ってったとこですscissors

最後にもっかい「プカプカ」にてお茶cake
この日はお天気も良くテラスで気持ち良かったlovely

Photo_25

今回の旅行はこれでおしまいweep
また行きたい・・・・やっぱ寒いの嫌ですcrying

| | コメント (0) | トラックバック (0)

竹富島へ

冬眠中なのでなかなか更新できてませんcoldsweats01

今回は竹富島編。
石垣島から高速船で10分で渡れるお手軽な島。
いつの間にか安栄観光・八重山観光フェリーどちらの切符でも
乗れる様にコードシェアを始めたようで、とっても便利に。
30分おきにどんどん船来ますship

Photo
ちょっと上等な船になってたshine

港までレンタサイクルを持ってきてもらい、さっそくパーラーでアイスcake

Photo_2
港から一番近いお店、「がんじゅうや」。

Photo_3
南国パフェ。うましpig

ちなみに、竹富で自転車を借りるのにほとんどのお店は
港→お店へ送迎、返却時もお店→港へ送迎、と多少面倒。

今回利用した「ぽちレンタサイクル」というお店は、
港まで持ってきてくれるし、返却も港でとってもべんりheart04
船乗る前に連絡要なので気を付けて~。

Photo_4
オフシーズンでガラ空き。

Photo_5
水牛車もだーれも乗ってませんcoldsweats01

なごめない「なごみの塔」には登らずに、浜へ。

Photo_6
たぶんここが一番人が多かったsweat02

Photo_7
ねこもたくさんheart01

ちなみに、「星砂浜」のカンバン付近にはほとんど星砂ありませんsign03
みんな必死に探してるけど、もっと奥のほう行ってさがしてくださいdash

つぎはコンドイビーチ。

Photo_8
だれもいませんでしたsweat01
引き潮の時間だったので、メチャ浅いsweat01
わたしむかしここで溺れかけましたcrying

ちなみに、ここも猫だらけ。
栄養状態の悪そうな、ちょっと可哀そうな身なりの子たちでしたsweat02

Photo_9
あんまりかわいくないsweat02

再びチャリを走らせ、お昼どきだったので、「かにふ」というお店へ。

Photo_10
新しくできたキレイなお店でした。

わたしは辛いものの気分だったので、ここではゼリーだけにしといたgawk
一口分けてもらったそば、結構美味しかったですnote

Photo_11

石垣島に戻り、タイカレーを食らいに「KAPI」へ。

Photo_12
辛し&美味しlovely

このあとホテルへ戻り、私はネイル、ダーリンはエステsweat01
「半額」の言葉に弱いもんで・・・・coldsweats01

ディナーもホテル内で食べ(食べログ参照)、龍馬伝の続き見て寝た。

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石垣島へ

リアルで踏み場のない部屋で一夜を明かし、朝イチの便で石垣へairplane

あいにくすぎるお天気で、ちょっと寒いsnow
とりあえず、調味料を買いに、「ガーデンパナ」へ。

Photo_9
前に行った時は民家そのものでしたが、ショップが出来てました。
ここのチャンプルの素と蘭の塩を買いにきたのだdelicious
色々と目移りし、結局バジルソースやらハーブティーやらsweat01
ちょっとオマケもしてもろてらっきーheart02

次に向かった先は川平湾。

Photo_10
せっかくのミシュラン三つ星観光地もどんよりでしかもさむいsnow
写真2枚撮っただけで退散dash

まだ11時だけど「ポーザーおばさんの食卓」にてらんちpig

Photo_12
むしょーに肉を食らいたかったのでステーキheart02
牧場併設のレストランで、そこの牛を無残に食い散らかしたcatface

Photo_13
ここ、初めて一人旅で来たときから何回も来てますが、
高台にあって眺め良しhappy01
お値段もお手頃やし、オススメですhappy02

それからは沖縄一長いトンネル「於茂登トンネル」を通り、市街地へ。
なぜか名前が変わった、「ユーグレナモール」らへんをぶらぶら。

ホテルのチェックインまでまだ少しあったんで、お茶してくことに。

Photo_15
空港近くの「プカプカ」ってお店ですhappy01

Photo_14
マンゴープリンとハーブテーを頂きましたcake
海が一望!なお店ですが、天気が悪いのでおとなしく店内で読書wobbly

ようやく15時を過ぎ、ホテルへ。
前回と同じく「軽井沢倶楽部ホテル 石垣島」ですheart02

Photo_16
小さいホテルですが、エステにネイル、大浴場と設備は充実していますshine

Photo_7
客室も58㎡~と広い。年期入ってますが、清潔good

ひと休みした後は、夕飯を貪りにGOsign03

Photo_8
前から行ってみたかった「まぐろ専門居酒屋 ひとし」。
BEGINの栄昇の実家「新栄荘」のお向かいです。

新栄荘、初石垣んときに4泊お世話になったけど、
なかなか快適でした。お部屋キレイやし、安いしhappy01

Photo_9
さしみに海ぶどう。

Photo_10
石垣牛握りはとろけるウマさlovely

どれもこれもマジ美味しかったheart01評判通りのお店でしたgood

Photo_11
酔い覚ましがてら、ユーグレナモールちかくのカフェへ。
「Banana Cafe」というお店ですcake

Photo_12
別腹のマンゴー杏仁&さくらんぼtea。
美味しかったし、雰囲気も良く、遅くまで開いてるしオススメhappy01

帰りにTSUTAYAで借りてしまったsweat02龍馬伝をshock
DVDプレイヤー貸してもろたらお部屋で見れるかなって・・・。

2時まで起きてましたshock

あっ、貸切状態だったんで大浴場も入ったよspa
5~6名入ったら一杯になる規模ですが、コギレイにしてあったと思うcoldsweats01

一日目おわり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沖縄本島

4日間ほど、沖縄に行っとりましたairplane
沖縄、と言っても八重山メインで、本島はトランジットの為に立ち寄りました。

朝イチの飛行機で乗り付け、向かった先は波上宮。
きてぃの神社スタンプをもらいに行ったのです。

2_2
狛犬がシーサーheart04

ちゃんとお参りもし、ランチをすべく「くるくま」へ。
見晴らしの良いカフェで、エスニックなお料理が食べられます。

Photo_2

雨を覚悟してたけど、天気予報が外れて良かったdash

Photo_3
トムヤンクンラーメンnoodle
デカ過ぎて完食出来ず・・・。ゴメンなさいcrying

カフェはしごをすべく、二軒目「八風畑」へ。

Photo_4
雑誌を見て行きたくなり、そのために本島に寄ったようなものheart02

Photo_5
ここもくるくまの近くなんで、同じく良い眺めhappy01

Photo_6
黒糖工房併設のカフェだけあって、黒糖プリン、うまかった~~~

小一時間ウダウダしたあと、那覇まで戻り、ネイルサロンへ。
内地よりお手頃でできるし、あったかいからサンダルだしheart01

そうこうしているうちにナイト明けのダーリンと合流し、
腹減ったというので、「軽食の店 ルビー」へ。

Photo_7
那覇の教習所通ってた時、いつも前通って気になってたお店。
女子ひとりで入る勇気がなかったのweep今は入れますが

そばやらチャンプルをむさぼった後は北谷にお買いものに。
お気に入りのアジアン雑貨屋さんがあるのだ。
何しに来たのかもはや分からぬ状況だが、お洋服をお買い上げ、
お気に入りのカフェへlovely

Transit_cafe
北谷の宮城にある「transit cafe」です。
堤防にいっぱい落書きしてる海沿いの通りにあります。
テラス席がおすすめhappy01
お昼から夜中まで開いてるし、飲みでもカフェでもOKな便利なお店wine
車停めるトコが無いので要注意です~。
基本路駐です。
近くの駐車スペースは22時までなので気を付けてくださいsweat01
私ら締め出しくらいかけましたからsweat02

こうやって書き出してみると一日に飲食店四つも・・・・

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

@ベルビューガーデン関西空港

いま、関空の近くのほてるに来ていますhotel

Belview1

コツコツがんばり、塵も積もって貯まったマイルで石垣島にゆくのですairplane
明日朝いちの便なんで、早起き辛いし~で前泊することに。
じゃらんで見っけた激安プラン、4,500円でダブルのシングルユース。
広さは22㎡。ひとりなのでじゅうぶんheart01
ダーリンから拉致って乗ってきた車もタダで留め置きOKやし、
甘えさせてもらいますhappy01

それにしても、ここ昔「ラマダホテル」だったところ。
だからか知れませんが、お値段の割に家具や設備がまぁまぁ良いです。
ユニットバスも広めだし。

Belview2

自宅では年一でしか湯船に浸からない私ですが、
今日は入浴剤入れてゆっくり浸かってみたspa
お気に入りのブルガリのバスアメニティも持ってきて、極楽ぜよlovely

一番気に入ったのは、

Belview3

有線のようなもの。
テレビ見ないんで、音楽だけかけられるのはありがたいshine
お風呂でも聞けて快適heart01

それが言いたかっただけなのです。
朝早いので早く寝まーす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高取&吉野山

勤労感謝の日、父が休みで紅葉狩りにでもと言うので、
たかとり城まつりに誘ってみたhappy01

じつは、駅に祭りのチラシがあり、時代行列や縁日のほかに
「土佐勤皇党と天誅組展」の文字がsweat01

龍馬伝のおかげでニワカ幕末ファンになりつつある私・・・
こりゃ行かねば!!とのことで、行ってみることに。

祭りの会場は、高取町。明日香村のお隣さんです。
ここは、かつて「高取城」の城下町として栄えたところ。
いまでも、「土佐の町並み」として町屋が多く残っています。

Kakasi

真っ先にお目当ての写真展を見て、その後は屋台やらフリマやらを
冷やかしがてらブラブラと。
キティちゃんのお皿、30円×2枚ゲットしたぜよsign03

あとは、火縄銃の実演や皿回しを見て、祭り会場撤収dash

Dsc_0349
寒かったし、写真展見て満足したlovely

その後は、遠目にも紅葉がキレイな壷坂寺へ。
かなり高台にありますが、下からでもその一角だけ真っ赤shine

1300年記念で塔の中を公開してるということもあり、さらに
城まつりのチラシ持参で200円引き!こりゃ行かな~rvcar

このお寺、初めて行きましたが、なんとも言えない雰囲気。
エキゾチックと言うか、怪しいというか・・・

Photo

もとは天平時代に創建された古刹なんですが、インドから招来した
石仏がやたらと目につきます。

ちなみに、ここの観音様は、眼病封じにご利益があるらしく、
お守り授与所には目薬も置いてありました。
わたくしのド近眼もちったぁ良くなるやろか・・・despair

Tsubosaka2
紅葉は文句なしにキレイだったshine
名所として名前が挙がってるの、聞いたことないような・・・穴場ですsign03

ちなみに、壷坂寺からさらに山を登ったところにある高取城は、
日本三大山城のひとつに数えられた名城でしたが、
残念ながら明治時代にお城は破却されてしまい今は城跡。
見事な石垣はまだ残っているらしく、紅葉の名所でもあるのですshine
行ってみたかったが、山道を歩いてかねばならない為却下されたsweat02

壷坂寺を後にし、途中、大淀の道の駅で腹ごしらえ。

Photo_2
めはりずし、ウマーgood

父が行った事ないと言うので、吉野山へ。

金峯山寺と吉水神社に行きましたup

2zaodo

Yoshimizu 

10月に行ったとき色づき始めていた、さくらの紅葉はもう終わり。

Photo_3
代ってカエデが真っ赤に染まって見ごろでございましたgood

ちなみに、来週も吉野に行く予定でございますup
もうすぐ見おさめの権現様にもいちど会いに行くのですheart02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ならまちとかもみじとか

ブログ、放置しまくってたんでずいぶん前の話になりますが
一週間まえ、ならまちやら奈良公園やらをウダウダ歩いてきましたdash

Photo
もみじがキレイじゃった~~~~~shine

まず、ならまち。
世界遺産の元興寺で「屋根裏探検」をしてきたのだ。

GM宛に来た招待状、「行っといで~」の言葉に甘え、代理で参加。

Photo_2
ここも紅葉真っ盛りheart04

それにしても、国宝の建造物の屋根裏に入ることなんて・・・
多分もう一生ないだろうふ。

Photo_3
それにしても、屋根裏に棺桶がありましたよcatface
どうリアクションしてエエか分からんやったわsweat01

ちなみに、この元興寺、最近の調査で飛鳥時代の木材が
何と現役で使われている事が判明し、定説である
「世界最古の木造建築=法隆寺」を覆す大発見だったとかsign03

それにしても、西暦590年頃伐採された木ってことは・・・
1420年ぐらい前の木ぃですよxmasすごすぎるdash

感動しつつ、誘われるがままにお茶席へ。
しっかり300円払わされたけど美味しかったですheart01

Dsc_0173

元興寺を後にし、向かった先は「旧大乗院庭園」。
ずーっと発掘調査や整備が行われていて、今年の春に
ようやく一般公開されたのだhappy01

Photo_4
お天気良かったし、紅葉しててむっさキレイlovely
ここバリアフリーやし100円やし空いてるし、オススメですわsign03

その後、ひたすらランチを求めてならまち一周sweat02
なんというか、素朴な「おうちごはん」みたいなのがキライな為、
どこにも魅かれず・・・
私が外出先で一番恐れている「食いっぱぐれ」の危機感もsweat01

でも、途中でちょこちょこ面白いトコに寄ったのだheart04

Photo_5
元興寺の「小塔院跡」。

元興寺は、平城遷都の際に飛鳥から移された大寺院でしたが、
(ならまち一帯は元興寺の境内だったsign03
後に衰退してしまい、現在では「極楽坊」「小塔院跡」「塔跡」の
三か所が残るのみなんです。

また、極楽坊と小塔院は真言律宗、塔跡は華厳宗と、
宗派も異なる別の寺院として存続しているのです。

ちなみに、始めに紹介したのは世界遺産「極楽坊」。
かつての僧坊だったところです。

「小塔院」には初めて立ち寄りましたが、お掃除をしていたおじさんが
親切に色々話してくれて、仏像が盗難にあった話や、先日大きな
法要があったことなど、興味深く聞かせてもらいました。

その後、塔跡にも寄ってみました。

Photo_6
なんとも言えぬシュールさ・・・sad
ここに70メートルを超す超大型の五重塔が建っていたそうな。
日本一の東寺の塔より20mも高い塔・・・
残念ながら、江戸時代に焼失してしまったらしいcrying

だぁれもおらず、もみじがキレイでしたshine

そうそう、結局、ランチは東向き商店街に新しくできた
障害者のチャレンジショップ「KIZUNA cafe」で頂きましたよgood

Dsc_0255
日替わりランチプレート\500ナリ。
この日は唐揚げどした。
ビールが写ってるが、気にすんな。

激ウマなミニソフトクリームまで付いてて、オトクでございましたhappy01

Dsc_0256

お腹がイッパイになり機嫌を取り直し、バスで再び出発bus
向かったさきは瑜伽(ゆうが)神社。

Photo_7
遠く大和三山を見渡せ、「奈良の飛鳥と呼ばれました」と
看板にあったが、木やら建物の屋根やらでそこまで遠くは見えんannoy
でも、ここも静かにゆっくり紅葉を眺めてられますよんshine

同じ並びの「天神社」。

Photo_8
ここもキレイだったheart02

そして浮見堂。

Photo_9
ここは人が結構おりました。
鹿もチョロチョロしとった。

東大寺。

Photo_10
平日やと言うのに、余りにも人が多くてビックリsweat01

Photo_11
これは、境内にある神社「手向山八幡宮」。
東大寺の鎮守社として、宇佐八幡の神様をお迎えしたらしい。

ここ、百人一首に入ってる菅原道真公の和歌
「このたびは 幣もとりあへず手向山 紅葉の錦 神のまにまに」が
詠まれた場所と伝わっているそう。
行くまで知らんかったが・・・sweat02
大昔から紅葉の名所だったんですねshine

さいご、春日大社。

Photo_12
日当たりの良いトコ以外は、まだ青葉なところも多かった。
ここもすごい人でした・・・。

それにしても、良く歩いた一日でございましたcatface
チャリとか原チャリやったらもっと楽やったな・・・。

郊外はもちろんキレイなとこ多いけど、まちなかの紅葉も
捨てたもんじゃなかったですsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は龍馬の命日ぜよ!

大河ドラマを欠かさず見ている私(今年だけ)。
福山龍馬ももうすぐ見おさめとなり、悲しいかぎりですcrying

そんななか、昨日は「寺田屋事件」の舞台となった京都・伏見の
「寺田屋」を見に行ってきましたhappy01

Photo
玄関の表札は「坂本 龍馬」になっとりましたwww

舟宿として賑わっていた寺田屋ですが、なんと
今でも現役の旅館です。
見学客の居なくなる夕方からしかチェックインできないらしい・・・

長年、幕末当時の建物なのか議論になっていたそうですが、
結局、当時の建物は幕末の「鳥羽・伏見の戦い」で焼失、
現存するものはその後再建されたものだそうな。

Photo_2
それにしても・・・
この部屋なんて「龍馬の部屋」ゆうていかにも龍馬が
泊まった部屋のように説明されていましたsweat01

ネットのクチコミ見ても、いまだに当時の建物やと思って
感動してる人とかいるみたいで、ちょっと気の毒weep

幕末の資料館としてなら、それなりに楽しめるかとは思いますがcoldsweats01
私は傾いた建物で三半器官がやられて、吐きそうでしたよgood

Photo_3
庭にあった龍馬像。ちっちゃsign03

きを取り直して「龍馬通り商店街」へ。

Photo_4
そう、ここでは毎年、龍馬の命日である11月15日前後の休日に
「龍馬祭」なる祭りが催されているのでした。

ちょうどパレードと出くわしましたが、吹奏楽団や
なんちゃって龍馬&お龍、新撰組(2名のみw)、よさこい隊など
それなりに賑わっておりましたlovely
出店も沢山でてましたよup

Photo_5
とにかく龍馬だらけでおもしろかったheart01

団地の片隅にひっそりと「土佐藩邸跡」を発見sign03

Photo_13

ところで、ランチは前々から目を付けていた「鳥せい本店」にて。

Photo_6
酒蔵を改装した建物で、ランチタイムにはお手頃な
定食がいろいろdelicious
観光地にありがちな、高いだけで大したことなさげなお店は
外したかったので、ここにして大正解up

Photo_7
焼き鳥5本、サラダ、御味噌汁の付く「焼き鳥定食」。
プラス\100で粕汁にしてもらいましたが、それでも\830lovely

オナカも一杯になったので、土産を物色することにpig

Photo_8
酒どころ、伏見ならではの「キザクラ カッパカントリー」bottle

Photo_14
キザクラ=カッパだが、その理由を調べるべく、資料館へ入るも
カッパの生態や伝説についての記述しか見つからずsign03

一杯ひっかけようかと思ったが、日本酒苦手なのでパスdash
酒粕やらダーリンへのプレレント用龍馬酒やらを入手bottle

Photo_9
敷地内に湧いていた名水shine
伏見七名水の一つ、「伏見」の語源ともなった「伏水」。
ペットボトルに汲みに来ている人もいました。
酒どころを支えているのが、こういった湧水なのだ。

最後に、桃山御陵前駅近くの「御香宮神社」へ。

Photo_10
この門、伏見桃山城の大手門を拝領したもので、重要文化財。

Photo_11
極彩色に彩られたご本殿も重要文化財。
神功皇后をお祀りしており、安産祈願にご利益があるそうな。

ご本殿の脇には御香水が湧いていましたshine

Photo_12
環境省の名水百選に認定 されたお水です。
これも伏見七名水の一つだそうな。

伏見のまちは、コンパクトに見どころが集まっているので、
徒歩で十分散策を楽しめたとさhappy01

Photo_15

また行こうと思いますbus

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今さらですが、お伊勢参りに行きました

日本人の心のふるさと、伊勢神宮。
「伊勢へ七度、熊野へ三度、愛宕さんへは毎月参り」と
いわれているほどの聖地。

最近は、毎年1~2回はお参りしてます。

Ise
昨年、だったか架け替えられたばかりでピカピカの宇治橋shine
真ん中は神様の通り道だから、端っこをちゃんと通りましたよgood

来年は本厄だから、お祓いしてもらいにまた来なければsweat01

そして、この地方に来たからには・・・pig

食べる楽しみがたくさんlovely

Photo
タラサ志摩ホテルにて優雅にランチlovely

Photo_2
おさかなうまかった~~~heart04

Photo_3
ブリュレはほんのりポテトあじでしたheart01

何より、とっても良いながめshine

Photo

このホテルは、以前2月に泊ったことがありますが、
部屋がナチュラルな色合いで落ち着くし、オーシャンフロント、
そして冷蔵庫内オールフリーという、嬉しいホテルでございましたlovely
タラソプールもとっても快適だったし、また泊まりたいshine

そして、ここに来ると必ず買って帰るのが「あおさパン」。
特産品のアオサノリが入ったフランスパンで、塩気がウマーhappy02
一日限定10本らしいので、いつもちゃんと予約しますscissors
みなさまも、おためしあれup

レストランのご予約はこちらから♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おまいりざんまい

   先週は、春日大社に伊勢神宮と、お参りざんまいでございましたshine

春日大社では、11月末までの限定企画「神主さんと一緒にお参り」に
参加し、裏話や参拝の作法などを教えて頂きながら境内を散策しました。

Temizu
ここでまず、手や口を清めます。
作法は、左手→右手→左手で口をすすいで→も一度左手
の順でキレイにしていきます。
春日大社では、神様が鹿島神宮から鹿に乗ってやって来られたとの
伝説から、「鹿は神様の使い」とされていて、境内いたるところで
見かけます。

Sika_2

本殿の参拝所では、参拝の作法を教えて頂きましたhappy01
まず、二礼。角度は90度だそうです。
次に、合わせた両掌から右手を少し下にずらし、二拍手。
その後ずらした右手のひらを元に戻し、再び一回礼をします。

Honden
朱塗りのご本殿が美しいですshine

Manto
節分とお盆の「万燈籠」をプチ体験できるスペースもあったりheart04
透かしの文様がキレイですねup

摂社の「夫婦大黒社」には、ハート型の絵馬が大量に奉納されていましたheart01

Daikoku5

その後は、初めて神苑(万葉植物園)へ。

Manyo8
悲しいほどお花が咲いていませんでしたcrying
かなり寂しい印象で、お客さんも私ら入れて五名くらいしかsweat01
藤の季節に来てみたいですね。

その後はもちろんお楽しみのカフェタイムhappy02
ならまちでお茶して帰りましたとさlovely

Gaikan3

お伊勢参りについてはまたこんどgood

| | コメント (0) | トラックバック (0)